頭痛は病院で改善できるのです|ズキズキ治してクリアな思考

ウーマン

効果的な治療が出来る

看護師

辛ければ診察を受ける

頭痛は日常的によく起こるありふれた病気です。種類としては、偏頭痛、緊張性頭痛、群発性頭痛などがあります。基本的に、偏頭痛は血管が拡張して起こり、睡眠不足やストレスなどと関係が深いようです。また、眠り過ぎても痛みが現れ、人によっては痛みが強く動けない事も多いです。さらに、吐き気を伴う事もあります。一方の緊張性頭痛は首や肩などの筋肉が緊張する事で引き起こされます。長時間パソコンや運転を続けていると発生し易くなりますが、動くと痛みが和らぎます。また、気温や気圧の変化などが影響しある一時期だけに起こるのが群発性頭痛です。これは目の奥が強く痛むのが特徴ということで知られています。これら頭痛をじっと我慢して症状が治まるのを待つ人は多く、また市販の薬を飲んで対処する人もいます。痛みに耐えるのが辛い為、早目に市販薬を飲む人もたくさんいます。これらは予防も含め飲む回数が増えると脳は痛みに敏感になります。そして頭痛の回数が増えると、人によっては薬が効きにくくなる可能性があるようです。市販薬は多種多様なため、しっかりと自分に合ったものを選ぶようにしましょう。もちろん市販薬も効果の高い物が多く、症状が軽ければ問題なく利用出来ます。しかしまれに深刻な病気が痛みの原因という事もあり得るので、きちんと症状を病院で調べてもらうと安心出来るでしょう。忙しくて大変かもしれませんが時間を作り病院へ行くことが大切です。

心療内科が有効な事もある

命を脅かす心配がなくても頭痛は辛いものであり、特に頻繁に起こる人は日常生活に支障をきたします。今ある症状を抑えながら原因を取り除けば症状の緩和が期待出来ます。また、偏頭痛に悩む人の多くは精神的ストレスが理由であり、これは気候の変化などから発生するわけではありません。さらに、過度なストレスを感じると症状が起こり易くなります。性格的には真面目で責任を背負い込む人が痛みなどを感じ易いです。真面目な人は何でも完璧にやり遂げようとします。周りにも気を遣いますので、ストレスを感じる事が多くなります。このような性格の人はうつにもなり易いとされており、真面目で完璧であろうとする事と頭痛やうつなどは関係が深いのです。また、病院の専門外来で偏頭痛と診断されたら心療内科で相談するのも良い方法です。心療内科は心と身体と置かれている環境を総合的に捉え治療します。これら精神的ストレスはその人の環境に大きく関わりがあり、ストレスから頭痛が慢性化しているとも考えられます。しかし、心療内科では薬も処方してくれ、ストレスに対応出来るように考え方や性格に対して指導が入る場合もあります。また、ストレスに強くなれば症状も出にくくなります。専門外来と心療内科の二つの病院で診察を受ける事で効果的な治療が可能です。