頭痛は病院で改善できるのです|ズキズキ治してクリアな思考

ウーマン

頭が痛いときの症状は

ドクター

症状には様々なものがある

頭痛は現代では多くみられます。今や、頭痛に悩まされる人は珍しくはありません。突然頭が痛くなって病院に行く人もたくさんいますが、症状にはいくつかの種類や特徴があります。頭痛で悩まされる人の中で一番多いのは、偏頭痛です。日本人の約1割はこれに悩まされていると言われています。片頭痛は、一般的に女性に起こりやすく、前兆があるものとないものが確認されています。症状の特徴としては、ズキズキとした痛みが一定の拍で続き、頭の片側で発生します。酷くなると、頭全体に痛みが広がり、体全体にまで至ることもあります。吐き気を伴うこともあり、痛みの程度が激しいです。症状が起こったときは、無理をせず安静にするのが良いでしょう。痛みは一度起こると半日程度続くことが多く、痛みが始まってから1、2時間がピークです。日常的にこの痛みが発生する人もいれば、月に1回程の人もいます。症状も細かくは人によって異なるので、自分が片頭痛かなと思ったらすぐに病院にいくことをおすすめします。頭痛が身体の不調によって引き起こされると考える人は少なくありません。しかし、身体的ストレスと精神的ストレスがからみ合って頭痛が起こるケースもあります。ストレスがかかるような状況で頭痛が発症する場合は、精神科や心療内科を訪ねてみるのも一つの手です。

命にも関わる痛み

頭痛には、一番割合が多いとされる片頭痛のほかにも種類があります。日常的に頭が痛くなる人は気づきにくいこともあります。しかし命に関わるものもあるので、少し頭が痛いだけだと言って放置しないように注意が必要です。命に関わるもので代表的なものは、くも膜下出血です。くも膜下出血が起こるときには、前兆として頭がぼーっとして意識が遠のいたり、殴られたような痛みが頭に襲い掛かってきます。さらに痛みが強すぎてめまいがしたり、その場で意識を失って倒れる人もいます。くも膜下出血が起こるときの頭痛は、突然起こります。救急車で病院に運ばれることが多いですが、ごくまれに症状を自覚して自分で病院に来る人もいます。普段の頭痛と違うな、と思ったら迷わずすぐに病院へ行きましょう。くも膜下出血以外に、脳腫瘍で頭痛が起こることもあります。こちらはくも膜下出血と違って突然の痛みはなく、日に日に症状が重くなっていきます。頭が痛いだけでなく手足がしびれたり、視界に異常が発生するという症状も一緒に起こることが多いので、こちらも注意しておくことが大事です。